どの土地で投資マンションを購入するのか考える

木のブロック

不動産投資を知っておく

握手

空室を気にする必要がない

不動産投資を行ううえでネックになるのが空室になります。やはり空室が多いとコンスタントに利益を出せないので、投資家にとってはかなりリスクがあるのです。そこでこういう時に便利なのが一括借り上げであり、これはオーナーが持っている投資用の不動産を不動産会社が借り上げます。不動産会社の方はその物件をさらに入居希望者に転貸するのです。こうすることで不動産会社から借上賃料を貰えるため、かなりリスクが少なくなります。しかしその分現金のバックも少なくなるので覚えておきましょう。特にマンション経営では空室が出ると利益がその分でなくなるので、一括借り上げというシステムはかなり便利といえます。安定した収益を上げたい人にオススメです。

契約書をちゃんと見よう

一括借り上げを行う際は不動産会社から契約書を渡されます。これにサインをすることにより一括借り上げが成立するのです。その時にちゃんと契約書を把握しておくと、後々トラブルにならないので確認しておきましょう。契約書には賃料の見直しについても書かれており、これは一般的に2年位に1回ほど行います。一括借り上げの契約を解除するときにはその条件も書かれているのです。退去後のリフォーム工事や、メンテナンス費用の負担についても見ておきます。更新するときの手数料や敷金の扱いについても記載されているのです。ちなみに借り上げ契約書のサンプルはインターネット上でも見れるので、予めどのようなものか見ておくといいでしょう。