どの土地で投資マンションを購入するのか考える

木のブロック

自宅を貸すサービス

電卓

サービス利用が増える

仕事で転勤をするときには自宅が留守になってしまいます。これを利用したサービスがリロケーションと言うもので、一定期間留守宅を賃貸する業務なのです。借りる側のメリットとしては賃貸専用に作られた物件よりも構造などがいいため、上質な物件に住めるメリットがあります。またリロケーションの物件は周辺の賃貸借契約の物件に比べて賃料が安くなっていて、お得に利用できるメリットがあるのです。貸すということは当然賃料が支払われることになるため、貸している側には一定の家賃収入があります。これを使用して住宅ローンの返済などにあてる事が可能なので、かなり理にかなっていると言えるでしょう。今後はリロケーションを利用する人が増えるでしょう。

まだまだ特徴がある

リロケーションは借りている側にまだまだメリットがあります。それは契約期間中の更新が一切ないことであり、普通は2年経過するとそこで更新手続きをするのです。その場合は新賃料の1ヶ月分の更新料が必要になるのですが、リロケーションにはそのようなものがありません。3年以上借りる場合はかなりメリットがあるので利用してみるといいでしょう。また貸す側にとっては自宅の質を保てるメリットがあります。長期留守にしているとカビが生えたりサビが付いたりするのですが、自宅に人が住んでいるとそのような心配もないのです。長期留守にしておくと防犯面でも不安があります。貸出をしておくと誰かが常に住んでいるため防犯対策としても使えるのです。